2015年 10月 の投稿一覧

女性を初めてデートする時に注意すること

相手に自分を知ってもらうことを第一に!

 様々な女性がいて、人によっては逆効果になることもあるかもしれませんが自分の好きな会話や興味のある趣味の話を小出しにして様子を伺ってみましょう。

 作り笑いなのか、本当に楽しく聞いてるのかはその時でわかります。

ただ、たまに物凄く演技がうまい人もいるので注意が必要です。

もし、楽しくなさそうな顔をしていたりしたらやんわりとゆっくり話を切り返るようにしましょう。

 何が楽しいのか、人間観察スキルが大事になります。単純に気遣いの出来る男になれっていうことですね。

とにかく色んな話しでも情報を話そう。馬鹿話でも盛り上げる人になれ。

とにかく面白い話すぐにって難しいですよね。

ムードメーカーをしている知人などいたら、彼の話し方や会話の仕方を研究しましょう。

 話しの上手い人、いわゆるコミュニケーション能力が高い人は、話しの間の取り方やしゃべるタイミングなどをしっかり考えていることがあります。

絶妙な間を取っていますよ。よく観察して見て下さい。

ああ、本当に話し上手なんだなぁと思う時がきっとあるはずです。

その話を聞きながら、絶妙に返答できる聞き上手の練習をしましょう。

 喋り上手と聞き上手というコミュニケーションに一番大事な部分を鍛えて、
その積み重ねが女性に好印象を与えて出会いが恋愛に進展していくこともあります。

まずは、練習をしましょう!一気に変わること間違いなしです!

相手の緊張をほぐしてあげる気遣いを!

 話し上手、聞き上手について、前述しましたが相手も緊張していたりします。

慣れてしまえばそこまで気を遣わなくてもいいのでしょうが最初のデートは特にこちらから下らないかもしれないけど
馬鹿っぽい冗談を言ってあげて笑わせてあげましょう。

笑わせることで緊張がほぐれて素が出やすくなるときがあるようです。

素を出して話せるようになれば相手の心もグッと近づいてくれます。

距離を縮めるチャンスです!

事務的な会話以上の内容を女子と話せないときの対処法

男性読者さまからの投稿。女性との接点があまりないと、女性と話すだけで戸惑ってしまうと思われます。かくいう私も女性と話すことは得意ではありません。
しかし女性に話しかけられなければ、付き合うもなにもありません。話すこと自体は問題ないとしても、事務的な会話しかしたことがなければ、それ以上の関係になることは望めません。壁を越えなければ、女性との関係を進めることはできないのです。
そうだと分かっていてもなかなか積極的になれないものです。積極的になるにはどうすればよいのでしょうか。それは、簡単な問いのようでいて難しいです。
端的にいってしまえば、声をかける勇気が必要になります。それだけです。ですので、勇気を出すにはどうすればよいのかを考えればよいのです。とにかく、女性に積極的になるには慣れしかありません。誰でもいいから女性と話すのです。話す内容はなんでもいいです。挨拶でも、社交辞令でも、女性と話すこと自体が重要なのです。
身近に女性がいないという方は、ネットで女性の方とコミュニケーションをとりましょう。そうやって女性と話すことに抵抗感がなくなれば、自然と積極的になれるでしょう。

そして女性と話しやすい状況を作り出せれば、食事などに誘うことは容易です。最初に女性に話しかける勇気を考えたら、誘うことは難しくありません。普段の会話の流れから、食事に誘えばよいのです。自然な流れであれば、成功する確率は上がりますからね。
ところで、食事に誘うときはどういったところに誘うべきなのでしょう。相手の女性の好みに合わせた食事にするのが一番ですね。直接女性に聞いてもいいですが、今までの会話から女性の好みを当てられれば、最高に格好がつきます。
食事に誘うことができれば、その時点で女性から信頼されているとみてよいでしょう。そうなれば、その後はじっくりと女性との関係を深めていけばよいだけです。
肝心なのは、やはり最初の頃です。第一印象が良ければ、その後の関係が良くなる可能性が高くなります。最初が肝心であることを心に刻んで、女性に積極的になっていきましょう。

社会人同士の初めてのデートでファミレスはアリなのか

※読者体験

社会人同士の初めてのデートでファミレスはアリなのでしょうか。
いいなと思った女性に声をかける男性は多いと思います。なかには陰からこっそりという人もいるかもしれませんが、それでは何も起こりません。さて、声をかける男性はその女性と仲良くなりたいために声をかけると思います。食事や映画、イベント、共通の趣味に関することでデートに誘うなど、色々なケースが考えられます。一番切り出しやすく、女性も承諾してくれるのは食事ではないでしょうか。一緒にご飯を食べるだけなら、一度くらいいいかな、と意外とO.Kをもらいやすいです。しかし、ここで重要になってくるのは店選びでしょう。
誘われた女性も、どんな店に連れて行ってくれるのか楽しみにしているものです。もし相手が年上の男性であれば、少なからず期待をしてしまうかもしれません。それにも関わらず、ここでファミレスに連れて行かれたら、女性としては複雑です。自分はこの程度の女なのか、この人お金ないのかな、もしかして恋愛対象ではないのか?じゃあ何で誘った?!、等々色んな疑惑が沸き起こってきます。そもそもファミレスが悪いというわけではありませんが、世間からみてカップルで行くイメージのある場所ではないと思います。ファミリーレストランという名前の通り家族連れも多いでしょうし、普段着で気軽に行けちゃうお店です。最初のデートならば、女性は少なからずお洒落をしているものです。その努力の結果がファミレスでは、多少なりともがっかりします。初めて食事をする人なら、その人のことをよく知るために、お喋りもそこそこに楽しみたいと思います。そのためには、ファミレスのガヤガヤした感じは不適当でしょう。ドリンクバーなんか頼んでしまったら、相手が取りに行っている間、テーブルに一人取り残されてしまいます。話をしようにも、落ち着きがないです。
ファミレスに行くのは、もっとお互いといることに居心地が良くなってからがいいのではないでしょうか。気楽な存在になってからのほうが気にせず行けると思います。最初はやはり、落ち着いた雰囲気のお店が好印象です。高いところがいいというわけではありません。カジュアルでも相手に合ったお店を探してあげれば、お互いに居心地よく、楽しいデートになるのではないでしょうか。

取引先の受付嬢をナンパするコツ

[読者投稿]

私はサラリーマンをしています。
業種としては営業職なので、色んな会社に訪問をします。
大手の会社になると、受付があり、そこには受付嬢がいます。
先日ですが、今度から取引をさせて頂く会社に挨拶にお伺いしたのですが、その会社も大きいので、受付嬢がいました。
2人立っているのですが、1人の子が目が大きくて凄く透明感があり、私のタイプでした。
私はその子に話しかけて、担当の人を呼んでもらいました。
それから何度かその会社を訪問する日が続いたので、毎日その受付の子と会うことが出来ました。
何度か会っていると、彼女が私の名前を覚えてくれていました。
私はそれに凄く感動したのと、嬉しさとで凄くテンションがあがりました。
その次の日に行くと、受付には彼女が1人でいたので、少し話をしました。
彼女も私の話を笑って聞いてくれました。
それから、数ヶ月が経ってから、彼女とまた話す機会があったので、彼女に彼氏がいるのかと、今度ご飯を一緒にどうかと聞いてみました。
彼女は彼氏はいないし、ご飯くらいならいいですよと言ってくれました。
私は彼女の携帯電話の番号をメールアドレスを聞くことが出来ました。
早速その日の夜に彼女にメールをして、休みの日などを聞いてから、店を探して予約しました。
そして、ご飯を食べる日になり、店で待っていると彼女がきました。
私服の彼女も本当に可愛くて、一段と好きになりました。
彼女と2人でいられる時間は本当に幸せで、その事を私は恥ずかしくもなく彼女に伝えました。
また営業の方は口が上手いからと言っていましたが、素直な私の言葉は彼女には伝わっていたのか、アルコールも入っていたこともあって、私にかなりボディタッチをしてきました。
それからも何度かご飯に誘って、楽しい時間を過ごしました。
すると、彼女から、まだ言ってくれないのと、まさかの言葉がありました。
私は、直に、付き合って下さいと言うと、はいと返事がきました。
素直な気持ちはやはり伝わっていたんだと思います。

友達の結婚式2次会で出会いは本当!そのコツとは

先日ですが、友達の結婚式に呼ばれました。
友達といっても、年下の子なので、結婚式に来ている他の友達は年下の子がほとんどでした。
結婚式が終わってから、2次会があったので、参加しました。
2次会は年下の友達達がしきっているみたいで、かなりはじけた感じで盛り上がっていました。
私は端の方のダーツがある席に座って、落ち着いて見ていました。
本当に幸せそうな感じがあって、私も楽しくなっていましたが、やはり年下の子ばかりなのでそこまではじけることが出来ないでいると、新婦側の友達の女の子が声をかけてきました。
気をつかわせたかなと思っていると、一緒にダーツをして欲しいと言われたので、僕でよければと相手をすることにしました。
結婚式の2次会だけあって着飾っていて、綺麗な子達でした。
それから数ゲームをした後に、1人の女の子が飲み物を取ってくるねと言って、立ち上がりました。
残った女の子と2人っきりになったところで、彼女から彼女はいますかという質問がきました。
私はいないよというと、少し笑顔になったような気がしました。
そして、彼女から楽しかったので、連絡先交換しませんかと言われたので、私は携帯の電話番号を彼女に教えました。
それから数日してから、新郎の友達から電話がかかってきて、2次会の時に話しをしてきた女性の子が、落ち着いてみていた私のことが凄く気になっていたと言われました。
私はそうだったのかと思っていると、その彼女から電話がかかってきました。
すごく積極的な子だなと思って、電話に出ると、彼女はかなり緊張しているのが伝わってきました。
そこまでした、電話をしてくれたのが凄く嬉しくて、私はご飯に誘う事にしました。
後日、予約して店に行って彼女と会いました。
2次会の時はあまり気にしてなかったのですが、背が小さくて、凄く可愛いと思いました。
それからデートをしたりしてから、付き合うようになりました。
結婚式の2次会は出会いの場とは本当だったと思いました。

口説き方の失敗例!相手が興味のない話をし続ける!

まず口説くときの注意があります。まずは口説き方の間違った例です。基本的に前提としてあるのは功徳というのは成功よりも失敗のほうが多いです。それは失敗するような手順でガンガン攻めている場合に限ります。例えば、学校なんかでもあなたにタイプの女性が現れたとします。口説きたいと思う人は焦ってしまうこともあるのか、自分のいいところを執拗に話すようになります。なぜなら、いいところを彼女がわかってくれれば、向こうも自分に好感を抱いてくれるだろうと思ってしまうからです。そのはじめの一歩がすでに口説くときの失敗例なのです。女性を口説くという方向性にうまく向いていません。このような例で自分の良さを話しても、ただ相手は興味のない会話を続けられるのと同じで、ただの自分の話を押し付けているだけになります。つまり、こういった口説き方は功徳という意味をはき違えているのです。このような男の人はたいていモテません。自分の話で押しつけがましいだけになります。たとえ外見で高得点を得られようとも中身でアウトになります。問題なのは女性が自ら聞いてきたことでもないということなのです。なので、相手が効いてこない限りは進んで自分の話をしないことです。口説くためにはいきなり告白をしてもいけません。シテがこちらを恋愛対象と見ているかもわからないうちに指定しまうのはよくある失敗の要因です。確実に行けると思ったときにするのが普通です。初めから明確な理由もないのに焦って告白してしまうのは良くないです。まず順序でてて理解しましょう。まず口説く前にはその人が慣れてないところを褒めるのは効果的です。更に褒めるときの注意として、あいまいな言葉は使っていけません。みたいなとか、思うとか言わず私はこうだとはっきり伝えることで受け手には好印象にとらえていることが伝わるでしょう。普段のちょっとした変化から気付いてあげる。こんな最初の手順だけでもぐっと近づけます。

ちょっと派手めな花柄やドット柄の大胆なシャツなどを着た男性に口説かれると

花柄のシャツを着ている男性に口説かれるとどこかドキドキするのが女性です。まったく地味な格好をしているよりも、ちょっと派手めな花柄やドット柄の大胆なシャツなどを着た男性に口説かれると、かなりポイントが高いものです。

そんなシャツをさりげなく着ては、下のパンツは黄色や水色などのパンツを履いている男性はとてもおしゃれに見えます。裸足で革靴を履いている男性もとってもおしゃれに見えるものです。

そんな格好をした男性に「一人?君、素敵だね」なんて言われた女性はかなりメロメロになるものです。「こんなハイセンスな男性に口説かれちゃった」内心はとても嬉しく感じるものなのです。

「もっとこの男性のことを知りたい」と思わせればこっちのものです。そんな時に赤ワインの入ったグラスを持ちながら「このワインは君のように美しいね。君もこのワインのように僕を酔わせるね」と言う言葉を言ってみるのです。

こんな言葉を言われた女性は、美しいワインよりも美しいんだと凄く嬉しくなるものです。

グラスを女性に持たせて、そこに赤ワインを注ぎます。その注ぎながら「この燃えるような赤いワインは今の君のように繊細で美しいよ」と言ってみるのも相手の心を掴むものです。

ワインは甘く香り、そして人を酔わせてしまう媚薬のようなものでもあります。女性はこういった媚薬的な美しい色のお酒が好きだったりします。そんな美しいお酒に例えられたら、それはかなりの褒め言葉です。

ワイン好きな女性には特にこんな言葉を言われたら心が躍るでしょう。そんな心にもっと火をつけてくれるようなワイルドさのある男性ならば、もっと女性は虜になるものです。

そのワインのウンチクを披露してみたりすれば、より女性のハートを掴みます。大人の恋愛を楽しめるワイン好きな女性は、どこか気高いところもあります。気高いから気高い物に例えられると良い気分になるわけです。

ワインでなくてもブランデーでもOKです。

動物に優しい男性はモテる

その女性が猫や犬を飼っている場わい、その飼い猫を抱いては「可愛いねえ」と顔を摺り寄せて可愛がれる男性は女性が「素敵」と思うところです。何だかその猫がその男性にとてもなつき、ほんわかしたような顔を見せる時には、とてもその男性を素敵と思うものなのです。

猫の扱いに慣れていて、しかもそんな猫がその男性にとてもなついている姿を見れば、「この人は女性もこんなふうに素敵に愛してくれるかもしれない」と思うものです。男性はそんな時に「この猫のように君も僕の心を掴んでしまうよね」と言ってみるといいでしょう。

猫の扱いに慣れている男性は、女性をも可愛がることができるから、とってもポイントが高くなるものです。猫を抱っこしてはよしよしとあやしてあげたり、猫を膝の上にのせては撫でて可愛がってあげる方法も良いものです。

犬でも同に可愛がってあげることができる男性もポイントが高いものです。犬とおもちゃで気軽に遊んでは犬がとっても楽しそうな顔をしているのを見れば、その女性はとても心を奪われます。「初めて会うのにとっても犬が懐いてくれる。なんて優しい人なんだろう」と思うわけです。

そんな時に「この犬も可愛いけど、君の方がもっと可愛いよ」という言葉を言えたら、かなりその女性は心を奪われてしまうでしょう。

犬と猫よりも可愛いなんて言われて口説かれたら、それはかなりその女性のハートを掴みます。こんな男性と付き合ってみたいと思わせればいいのです。

犬の散歩をちょっとやってあげたり、犬や猫に餌を与えては可愛がってあげることができれば、より「素敵」と思われます。

動物に優しい男性というものは、女性から見て本当に格好良いと思います。心からそんな素敵な行動を見せれるのは、やはり性格が良いからということにもつながります。

動物を通して自分の性格などを見せれば、女性の心もかなり掴めます。結婚してもそんな男性なら子供に優しくできると考えることができるものです。

女性は好きな男性の横にいるだけでも幸せを感じるもの

女性は好きな男性の横にいるだけでも幸せを感じるものです。ザワザワと人が多い場所でデートするよりも、彼の静かな部屋でデートする方が良いという女性もいます。彼の素敵な横顔をずっと見ていられるような場所でデートしたいわけです。

ムードが無くても、2人だけで静かにいられる場所があれば、それは狭い空間の中でもいいわけです。部屋も広くなくても、散らかっていても、それでも良いから一緒に入れる場所に連れて行ってくれて、デートをしたいと思うわけです。

声が聞こえる範囲で、誰にも邪魔されることがない場所を選んでは女性を連れて行けばいいわけです。それは屋外にあるちょっとしたスペースでもいいわけです。ガレージの中でもいいですし、玄関先でもいいのです。

静かな時を過ごせる場所を見つけられる男性が女性は好きなわけです。ベランダでもいいのです。ベランダに二人で肩を並べて座って外の風を体で感じられると楽しいと思います。同じ空気を吸っているその瞬間がとても楽しいわけです。

お互いに共有できる瞬間を作ってあげることがその女性のハートを掴む部分でもあるのです。

男性はその時に優しい言葉をかければ、より女性の気持ちを掴めます。例えば「こんな素敵な時がずっと続くといいね」という言葉です。そんなことを言われた女性は、とっても胸がトキメキます。

「この人と一緒にずっといられたら、本当に幸せを感じられるだろう」と思うものなのです。又、その男性と結婚したいとも思うこともあります。

結婚においても同じ空気を吸って生きるというのはとても重要です。その空気が合う男性と女性はまさしくお似合いカップルなのです。

より女性の気持ちを掴むには、「もし良かったらずっと俺の傍にいてくれないかな?」というような言葉を言うことです。この言葉は女性をとてもトキメカせます。

「もしかすると結婚まで考えているのかな?」と本気の愛を感じとることができる言葉です。女性はそんな真剣な愛が欲しいと思うのです。

自分から素性を明らかにすることにより女性の側のガードもゆるくなる

最近の男性はよく女性のことを勉強していると思います。
女性が喜ぶお店とか、女性が好きな映画とか、テレビやネットや友人たちの話題で研究しています。

雑誌などで「彼女が喜ぶ〇〇」といった記事をよく見かけますが、世の中全体が男性に女性について真鍋と促しているような気がします。
一昔前なら、女性の方が男性を落とすテクニックとか、男性に好かれるためのノウハウを学んでいましたが、いまやすっかり逆転しています。
これを悪いこととは思いませんが、私から言わせると、何でこんな実のないことをしているのだろうと不思議でなりません。
というのも、かつて女性が男性についてあれこれ学んだ結果、所詮は机上の空論であり、さほど収穫がないという「落ち」が出ているからです。

男性といっても一人の人間ですから、教科書通りにはいかなくて、最終的には相性だということをほとんどの女性はわかっています。
ですので、男性のこういうしぐさや言動に女性は心惹かれる、という情報を得て、そのまま実行に移したとしたら、これは相当のおバカさんです。良い例として、壁ドンとか顎クイというやつですね。

確かにその手のものに萌えっとなる女性もいるでしょうが、全く興味が無い、それどころか気持ち悪いと思っている女性も多く存在します。
ろくに話をしないうちから、女性に好かれようとして仕入れたネタで口説くなんてことはやらない方がいいです。というか、やっても無駄なので今後はやめてください。

もちろん見た目の好みもあるでしょうから、そこにチャレンジすることは悪いことではありませんが、一番大事なのは、その女性に自分の話をどんどんすることです。趣味や食べ物の好み、子どもの頃の思い出、仕事のことなどなど何でもいいです。女性は余り知らない人からいろいろ質問をされるのを警戒しますので、自分から素性を明らかにすることにより女性の側のガードもゆるくなり、その人が思っていることや望んでいることがおのずとわかってきます。
メディアに踊らされて、今時の男子を演じている男性、これは陰で女性たちから笑われていると思って間違いないでしょう。