2015年 9月 の投稿一覧

スポーツ好きな女性はセフレにしやすい

スポーツ好きな女性を口説くには、まずは自分がスポーツのことを色々と知ることが必要です。ただそのスポーツに興味があると言っても、どうしてもそれ以上の話ができません。スポーツ好きな女性は、やはりそれ以上に深くその話で盛り上がりたいと思っています。

サッカーならどの選手に興味があり、どんなところが好きで良いのか、そのサッカーの見た試合についての話などを色々とできれば、よりその女性はその男性に口説かれやすくなります。

サッカーが好きな女性はかなり燃え上がりやすいところがありますから、男性もテンションを高くして接することが大切です。よりノリが良く、楽しい雰囲気で接しては口説くことが大切なのです。スポーツ好きな女性はセフレにしやすいですね。

海外のバスケが好きなら、海外チームについて学んでおくのがポイントです。海外チームの魅力や、ちょっと面白い選手のウンチクを披露すれば、よりその女性と話しやすくなります。

共通の話ができれば、より親近感がわきます。そして、その女性を口説きやすくできるわけです。その女性が好きな選手をさりげなく聞き、その選手についての話ができれば、より好意的な態度になるものです。

何を聞かれてもサッと答えられるようなスポーツ通になることで、よりお目当ての女性を口説けるようになるでしょう。

スキーやスノボーが好きな女性を口説きたい時には、「良いスキー場があるんだけど一緒に行かない?」と誘ってみるといいでしょう。チケットがあれば、それを渡すと、より口説きやすくなります。「君のために買っておいたんだ」と言って渡せば、よりその女性のハートを掴みます。

このチケット攻撃は、サッカーやバスケなどの観戦にも使えます。「チケットを渡しては、良かったら今度一緒に見に行かない?」と言ってみれば、より女性を振り向かせることができます。

サッカーを見に行っては、その帰りに食事をして、その時に口説くのも良い方法です。「面白かったね。君と行けて本当に楽しかったよ。今度は彼女として行ってくれたら嬉しいな」と言ってみれば、女性も「うん」と言うものです。

女性は可愛らしい顔をさりげなくする男性を可愛いと思う

可愛い表情を見せては会話をすると、より女性を口説きやすくなります。女性は可愛らしい顔をさりげなくする男性を可愛いと思うところがあります。顔を赤らめては楽しそうな顔をして照れたり、本当に楽しそうにくったくのない顔を見せるような男性に惚れてしまうところがあります。

どこか「私が守ってあげたい」と思うような感じがしては、女性はそんな男性の近くにいたいと思ったりします。照れる時には手で頭を掻いてみたり、豪快に頭を後ろに反らせては笑ってみるなど、色々な楽しい表情を見せるのです。

女性の前ではちょっとシャツの第一ボタンを外しては胸元を見せたり、腕捲くりをしては、太くて男らしい腕を見せながら女性を口説くのも良い方法です。口説く前には、ちょっとしたケアが必要です。手の指や甲に生えている毛を綺麗に剃っておくのです。

あまり毛深すぎる男性はちょっと苦手という女性が多いので、できれば毛は剃っておきましょう。できればちょっと日焼けしておくのも良い方法です。女性は青白い腕よりも、日焼けした腕の方に男性の魅力を感じることがあります。

そんな腕を見せては、女性の方に手をまわしてみるのです。そして、「何処かに行かない?」と誘ってみましょう。女性が渋っていたら、「君に美味しい料理を出すレストランに連れて行ってあげたいな」とか、「美しい夜景が見える場所に連れて行ってあげたい」と言ってみましょう。

そんなことを言われれば、女性は悪い気はしません。そして「今夜は何処かに泊まろうか」と言ってみるのです。

パッパと次から次へと女性のハートを掴むような言葉を考えては言うことがポイントです。さっさと言うことで、より女性もその勢いに飲み込まれては、「この男性と付き合ってもいいかも」と思ってしまうものなのです。

諦めずに攻めることで、女性はますますその男性に色気を感じては口説かれたいと考えるわけです。

男性的な勢いでどんどん攻めてみれば、より口説けるようになります。

恋愛ではいい人止まりになってはいけない!

※32歳男性からの体験談。

女性を口説くためには会話の中に変化を入れるのが効果的です。

ベタではありますがほめるというのは本当に有効です。特に小さな変化に気付いてあげるのとそれを褒めるだけでも相手はすごく喜んでくれます。笑顔でこちらを見てくれるので余計好きな気持ちになっちゃいますけど、好きな人の笑顔って癒されますよね。彼女が笑顔を見せるという意味でも、細かいところを褒めるのはとても好感度が上がるのです。例えば髪色でもいいですし、気づきやすい髪の変化に気付いてあげるだけでもまた喜んでくれます。

気を付けてほしいのがあまり「外見的に可愛いね」とかストレートに言ってしまうと逆効果なこともあるので、変化に気付いてあげるのが大事なのです。女性に対して優しく接していい人のようになる人もいますが、それは逆効果。異性として見られず、逆にどうでもいい人という風にみられてしまうことがあります。実際に私がこのどうでもいい人の典型型です。おかげで周りにも、「あなたは特別恋愛感情もわかない」と直接異性に言われたこともあります。そうして、何人もの女性に恋愛相談を受けたことがありますが、私がはっきり対象から外れていることがわかって辛かったです。

これまで何人もの人にいい人だもんて言われたのですがそれが逆に異性という意識を曇らせてしまっていたのです。別に女々しいわけではなく単なるいい人なのです。だから恋愛に発展されこともなく逆に誰かの恋を手伝ったことしかありません。口説くのがうまい友達の言動は直接最近気になるかもといっているところにもありました。私の場合関係が悪くなるのが嫌でいつも行為を抱いていることの素振りすら見せられずに終わっています。それを伝えることが大事なのかと思います。好きという直截的なものでなくても、いいと思うなと一言でも変わると思います。そして誘いも女の子が動いてくれるなんて待って共全く来ませんので自分から動くことが大事です。その点を守ればいい人どまりにはなくなります。

飲み会で出会ってセフレにしたい女性に細かすぎる住所を聞くのは危険!

飲み会の席で知り合った女性ともっと仲良くなりたいと思う事ってありますよね。恋の最初の一歩だと思います。でも、そんな時についつい男性がやってしまって女性からは影で「ないわ~」と言われている事があるのって、多分男性は知らないと思います。

実際に女性の友人から聞いた飲み会の席での「ないわ~」ってどんなものだと思いますか?

一番は「住所を聞く」。これ、女性は超警戒します。初対面で「どこに住んでるの?」とか聞くのはNGらしいです。ただ、この辺も話題としてはベタなのでつい使ってしまいがちですよね。そこでどれくらいの聞き方ならOKなのかというと「○○さんってどっち方面に住んでるの?」的な聞き方がいいらしいです。
違いが分からん!という方もいるかもしれませんが、住所を特定するような聞き方じゃなくて「新宿方面」とか「池袋方面」とかの漠然とした方向性で聞くくらいなら女性も警戒しないらしいです。
話の流れとしては「僕は横浜方面に住んでるんだけど、○○さんはどっち方面?」くらいがいいみたいですね。

特にセフレ関係になることを狙ってる場合、お互いの個人情報はあまり晒さない、敢えて隠しておくというパターンもあります。ですから、具体的な細かい住所を聞いてしまうのは避けるのが無難です。

次に女性が「ないわ~」と思っているのが「いきなり連絡先を交換しようとする」らしいです。
「連絡先交換しなきゃ意味無いじゃん」と思うかもしれませんが、この辺も女性の警戒心によるらしいです。例えば最近ならLINEでグループのやりとりをするくらいならOKだったりするんですが、メアドとか電話番号になると急に警戒心がアップするとか。そういう女心があるらしいです。
飲み会の席で知り合ったという事なら仲介役の誰かがいる訳ですから、気になる女性がいたらその仲介役に「また○○さん達誘ってよ」とお願いするのがいいらしいです。そうやって少しずつ警戒心をやわらげていくのが良いと知り合いの女性は言っていました。

ざっくりと二つ挙げましたが、この二つって結構気軽に話題にしちゃうものなので男性は注意しておくといいかもしれません。思わぬところで女性から「ないわ~」と言われているかもしれませんよ。

彼女に比べてセフレなら嫉妬しないから、精神的に楽な関係と言える

女性と付き合っている男性が抱える問題の代表的なものに「嫉妬」があります。彼女が他の男性となにかコミュニケーションをとっているとどうしてもヤキモチを焼いてしまう。そういうのって誰にでもありますよね。
相手を好きであればなおさらです。ある意味、仕方のない感情だと思います。

でも、強過ぎる嫉妬は恋愛でどうしても喧嘩の原因になったりして困りものです。どうにかしてこの「嫉妬」をやわらげる方法は無いのでしょうか?

答えは・・・「多分あります。」

具体的にどうすれば良いか?簡単です。自分も他の女性と仲良くすれば良いのです。とっても単純。
自分の中の欲求が彼女だけに向いているからヤキモチになるのです。だったら、他の女性に興味を持てばいいじゃないですか。と言っても、別に浮気をする必要はありません。会社の同僚の女性とか、友人の女性とか、それこそツイッターやLINEでやりとりしているだけの女性でもなんでも構いません。ほんのちょっと、彼女の事を忘れるくらいの気持ちの変化をくれる相手ができればそれで良いのです。

彼女を大切にするのは勿論重要です。でも、彼女の人間関係にまで干渉するのは間違っています。彼女にも人づきあいがあります。社会人なら職場に男性もいるでしょうし、学生でも女子校でなければ男性は必ずいるんですからそういう中での付き合いも疎遠にはできません。特に女性というのはグループでの関係性というのに気をつかう部分があります。そういうのって、男性は見落としがちなんですよね。

つまり、彼女の男性関係というのはどうしても絶えません。まあ、浮気されちゃったら困りますが、普通に交際していて浮気される可能性って思っている以上に低いはずです。逆に、男性が束縛し過ぎる方が女性にとって不快になって浮気の原因になるんではないでしょうか?

だったら、男性だってちょっとくらい他の女性と仲良くしてもバチは当たらないと思います。
キャバクラだとか風俗に行くわけでもなし、健全な範囲で他の女性とコミュニケーションをとるのになんの問題があるのでしょう?
逆に、そうして他の女性とも仲良くしていた方が彼女が男性を気にかけてくれるようになるかもしれません。

あと、セフレだったら彼女よりは嫉妬しないと思います。そういう意味では落ち着いた楽な関係ですよね。

とにかく、束縛は厳禁。嫉妬が原因で交際が上手くいかないという経験があったりするなら、たまには他の女性とも仲良くして気分転換するのが良いと思いますよ。

デートのときに気をつけるべきこと。身だしなみ、ニオイ対策

今日はデートの時に自分がどんな事に気をつけているのか振り返ってみたいと思います。

まず、基本ですがデートの前にはシャワーを浴びて体をきれいに洗います。爪も切るし、デートの前日までには床屋で髪も整えておきます。身だしなみはやっぱり基本ですよね。
あと服装。デートする女性にもよりますが、そんなにかしこまらずにカジュアルにしていれば大体なんとかなるので服装にはそんなに困りません。ただ、自分のセンスに自信がないな~と思った時は店員さんにコーディネートをお願いしたりファッション誌を参考にしたりとそれなりの工夫はしていたと思います。

他には匂い。シャワーを浴びているので基本的には清潔なのですが、夏などは汗もかくので制汗スプレーとか香水は一応持っておきました。香水に関してはちょっと独特かもしれませんが、僕の場合は足の裏に吹き付ける事が多いです。やっぱり臭いますからね。

足。居酒屋などで座敷の席に通された時や彼女の部屋にお邪魔する時などに足が臭いのはちょっと気になるので、足の裏にはシュッと香水をつけておきました。

あ、臭いと言えば口臭も要注意。歯磨きは当然で消臭効果のあるグミとかキャンディーは必ずデートの時には持ち歩いていました。逆のパターンもありますが、女性の口が臭かったりするとこちらもちょっとイメージダウンするじゃないですか?なので口臭も気をつけていました。

デート中は基本的に5分前行動。女性を待たせるような事はしません。他には、一緒に歩く時には歩道の車道側を歩いて女性は車道から離すようにします。

なんとなく、父親からそうするように教わっていたのですが意外とそういう所で女性受けは良かったと思います。
他には歩く速さでしょうか?女性と歩く時には気持ち半歩後ろを歩くつもりでいると歩幅を合わせられて良いですね。やっぱり男性の歩幅と女性の歩幅は違うので、そういう所は意識しておくようにしました。

他には何かな?相手によりますが食事の時にこちらがおごるかどうかは一声かけて決める程度で良いかな?「僕が払うよ」と一声かけて、そこで相手の出方をうかがう位の気持ちでいれば十分だと思います。

デートの時に気をつけている事ってそれくらいかな?
普段あんまり深くは意識していないのでありきたりな事しか思いつきませんが、これまでデートでそんなに大失敗したような記憶は無いのでこんな感じでなんとかなると思います。