2回目のデートからが本番!サプライズプレゼントや告白するには絶好のタイミング!

まず僕の場合、好きな女性に対して口説こうと思った時は分析から始まる。

女性の趣味や好きな食べ物などを聞いて、その事をまず調べる。

後は、女性の反応を見てLINEを教えてもらえるタイミングが来るまで、ちょっと様子見という感じになる。

聞くタイミングは、理屈というより直感に任せるという感じになる。

LINEを聞いて、メールをしていき女性が心が開いてきたなと思えたらデートの食事などに誘う。

でも、油断してはいけません。

直感だけで女の子に本能赴くままに告白してしまうと駄目なパターンが多いので、そこは理屈的に物事を考える。

僕の理論的には、2回目のデートからが本番である。

2回目のデートは、何か彼女の誕生日などの記念日が有効的だ、その時に女性の雰囲気が、直感で良い感じになっていたら攻勢を仕掛けるときです。

女性のタイプにもよるが、僕の場合は気の強い人を好きになることが多い。

なので、男らしく直球で告白することが多い。

言葉としては、「〇〇ちゃん、お前のことが好きなんやけどな。俺と付き合ってくれへんか?」などを言うことが多い。

その時には、記念日になることを祈って何かサプライズプレゼントをあげることがいつものパターンである。

彼女の喜びそうなものを選んであげると良いかなと思います。

そこは、男子の腕次第によるところが大きい。

僕の場合は、気の強い女性を好きになるので何か間違えたことをしてしまうと、言葉より先に一発ビンタを食らうパターンが多い。

そこは、男子の好みの女性によって使い分けて下さいという所です。

男性経験が少ない女性に対しては、できるだけロマンチックに演出を考えてあげると良いのかなと個人的に思います。

経験豊富タイプは、色んなパターンの男子を見ているので奇想天外の発想力を生かす方が良いのかなと思います。

例えば、ホワイトデーのお返しに魚をクール便で女性のお宅に届けるというのも面白いのかなと思う。

恐らく、8割位の女性には引かれるが、残り2割の女性には分かってもらえると思うのでやってみる価値はあると思います。

男ならまずは、当たって砕ける経験をする必要があると思います。

一つずつ僕も、勉強していきたいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>