街を歩いて自分好みの女子に声をかけてお茶、サシ飲みからのホテルに誘いセフレにする方法

街を歩いて自分好みの女子に声をかけてセフレにする

街を歩いていて、もし自分好みの女の子を見かけたら声をかけるようにします。結構勇気のいることですが頑張りますね。いつもできるわけではないですが、気分的に声をかけられるときにはダメ元で声をかけます。

相手の都合があるので無視されることもありますが、3人の内1人ぐらいは反応してくれます。意外や意外、これは無理かなというぐらいの可愛い子が意外と話を聞いてくれて、お茶してくれたりすることもあるのでやってみると良いですよ〜。

そこから定期的なセフレ関係になることもあるので、当たって砕けろで突き進むことが大事です。

無理めな可愛い女子でも声をかけたら暇でOKしてくれるタイミング

ほとんどの人は、街中で可愛い女子を見かけても声をかけるまではできないでしょう。でも、たとえ無理めな可愛い女子でも、ちょうど彼と別れたところだったり、気分的に寂しいときだったり、時間を持て余しているときということが結構あるのです。

そんなときに声をかけると驚くほどすんなりお茶できたり、ムフフになったりするので、やったもん勝ちですね。声のかけ方なんてヘタクソでも良いので、むしろ下手な方が相手も変な警戒心が薄れるので、思い切っていきます!

その場で話すことも何でもない世間話とか、相手の持ち物や見た目の印象をいじったりとかするので大丈夫です。

そして、早い段階でお茶に誘います。初対面で立ったまま長く話すのは結構しんどいからです。断られたらすぐに諦めてもOKです。とにかくやってみたら良いことあります。

軽く飲める店でボディタッチして脈ありか見分ける方法

そして、口説くときはあまりガッツリ食べるような食事に誘うのではなく、軽く飲めるようなお店にしておきます。できれば個室で並んで座れるようなお店。お腹がいっぱいになると女の子は満足してしまって、それで終わりになってしまうので。

そして、体にタッチしたりして相手に拒否反応がないようならホテルに誘います。

誘うときは、相手に体を許すための理由を与えてあげます。終電がなくなったからとか、頭が痛いから一緒にいて欲しいとか何でも良いです。

女の子は軽い女だと思われることを嫌う生き物なので、エッチまでいくまでに何度もグダをします。これはなだめすかしていけば何とでもなります。女の子も男の強引さが欲しいのですよ!

女子は、本命の彼氏よりも、その日に出会ってなんとなくいい感じになった男のほうが性的に興奮する傾向があり、いつもより激しく淫らにエッチをすることが多いです。非日常のはっちゃけモードスイッチが入る感じですね。これぞセフレの醍醐味。

あなたの前で大きな声を出し、騎乗位ありの情熱的セックスをしてくれるかもしれませんよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>