口説き方の失敗例!相手が興味のない話をし続ける!

まず口説くときの注意があります。まずは口説き方の間違った例です。基本的に前提としてあるのは功徳というのは成功よりも失敗のほうが多いです。それは失敗するような手順でガンガン攻めている場合に限ります。例えば、学校なんかでもあなたにタイプの女性が現れたとします。口説きたいと思う人は焦ってしまうこともあるのか、自分のいいところを執拗に話すようになります。なぜなら、いいところを彼女がわかってくれれば、向こうも自分に好感を抱いてくれるだろうと思ってしまうからです。そのはじめの一歩がすでに口説くときの失敗例なのです。女性を口説くという方向性にうまく向いていません。このような例で自分の良さを話しても、ただ相手は興味のない会話を続けられるのと同じで、ただの自分の話を押し付けているだけになります。つまり、こういった口説き方は功徳という意味をはき違えているのです。このような男の人はたいていモテません。自分の話で押しつけがましいだけになります。たとえ外見で高得点を得られようとも中身でアウトになります。問題なのは女性が自ら聞いてきたことでもないということなのです。なので、相手が効いてこない限りは進んで自分の話をしないことです。口説くためにはいきなり告白をしてもいけません。シテがこちらを恋愛対象と見ているかもわからないうちに指定しまうのはよくある失敗の要因です。確実に行けると思ったときにするのが普通です。初めから明確な理由もないのに焦って告白してしまうのは良くないです。まず順序でてて理解しましょう。まず口説く前にはその人が慣れてないところを褒めるのは効果的です。更に褒めるときの注意として、あいまいな言葉は使っていけません。みたいなとか、思うとか言わず私はこうだとはっきり伝えることで受け手には好印象にとらえていることが伝わるでしょう。普段のちょっとした変化から気付いてあげる。こんな最初の手順だけでもぐっと近づけます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>