出会いの場で女性から連絡先を聞き出せただけで安心してはいけない!LINEやメールで一気にアプローチしよう!

女性と出会った後で連絡先を交換できたら、もう一安心と思い違いしていませんか?
恋愛の始まりは出会うことが大切なのではなく、その出会いをいかにして実らせるかが重要なのです。

出会いの場で連絡先を聞き出すのは必須事項ですが、それ自体が自分との交際を考え始めてくれた証だと思ったら大間違い。

どんな場面においても自らをきっちりとアピールし、相手を知るための労力を惜しんではなりません。

男性の場合、このポイントを確実に押さえられる人は恋愛勝者になれる確率が非常に高まります。

反対に、連絡先だけ聞きだし、自分のことはメールやラインを通してゆっくりと知ってもらう方が得策と考えてしまうと、思ったように事が運ばず、恋愛敗者と成り下がってしまいます。

女性は恋が始まる予感を察知したら、「善は急げ!」とばかりに事を急いで運びたがる生き物だと心得ておけば間違いありません。

つまり悠長に、且つ慎重に事を運ぼうとしていると恋の気配が霧となって消えてしまいます。

恋愛の過程においては、亀のような歩みではダメなのです。

ただし、恋がスタートしてしまえば、亀の歩みはとても歓迎されます。

それは、じっくりと知り合いたいと考えている男性の姿勢はとても紳士的に映るからです。

信頼ができる人だと好意的に思われることでしょう。

このタイミングで押しが強すぎるとあなたに対する評価が「自分勝手でひとりよがり」と大きく減点されてしまう危険性あり。

この時点で上手くお付き合いが進めば、結婚を視野に入れたお付き合いになります。

女性はいつのタイミングでも「この人を夫にしたら」という視点でジャッジすることを忘れません。

例え、盲目的に「好き」と気持ちを打ち明けてくれている女性でさえ、そうなのです。

理由は人生を預けられないと判断した男性と深いお付き合いをダラダラと続けるリスクを極力嫌がるから。

女性って、意外にリアリスト。

男性が思うほどロマンチストではないのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>