事務的な会話以上の内容を女子と話せないときの対処法

男性読者さまからの投稿。女性との接点があまりないと、女性と話すだけで戸惑ってしまうと思われます。かくいう私も女性と話すことは得意ではありません。
しかし女性に話しかけられなければ、付き合うもなにもありません。話すこと自体は問題ないとしても、事務的な会話しかしたことがなければ、それ以上の関係になることは望めません。壁を越えなければ、女性との関係を進めることはできないのです。
そうだと分かっていてもなかなか積極的になれないものです。積極的になるにはどうすればよいのでしょうか。それは、簡単な問いのようでいて難しいです。
端的にいってしまえば、声をかける勇気が必要になります。それだけです。ですので、勇気を出すにはどうすればよいのかを考えればよいのです。とにかく、女性に積極的になるには慣れしかありません。誰でもいいから女性と話すのです。話す内容はなんでもいいです。挨拶でも、社交辞令でも、女性と話すこと自体が重要なのです。
身近に女性がいないという方は、ネットで女性の方とコミュニケーションをとりましょう。そうやって女性と話すことに抵抗感がなくなれば、自然と積極的になれるでしょう。

そして女性と話しやすい状況を作り出せれば、食事などに誘うことは容易です。最初に女性に話しかける勇気を考えたら、誘うことは難しくありません。普段の会話の流れから、食事に誘えばよいのです。自然な流れであれば、成功する確率は上がりますからね。
ところで、食事に誘うときはどういったところに誘うべきなのでしょう。相手の女性の好みに合わせた食事にするのが一番ですね。直接女性に聞いてもいいですが、今までの会話から女性の好みを当てられれば、最高に格好がつきます。
食事に誘うことができれば、その時点で女性から信頼されているとみてよいでしょう。そうなれば、その後はじっくりと女性との関係を深めていけばよいだけです。
肝心なのは、やはり最初の頃です。第一印象が良ければ、その後の関係が良くなる可能性が高くなります。最初が肝心であることを心に刻んで、女性に積極的になっていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>