セフレとサシ飲みしてホテルに誘うときの誘い文句・誘い方

出会い系サイトで知り合った女子とメールを続けて、それから一週間くらいしたら会おうという話になると思う。
で、19時待ち合わせでサシ飲みして、それからラブホに誘うというのが基本戦略となる。

サシ飲みのお店だが、ここは客単価5000円くらいのお店を選べば良いと思う。
値段が重要というわけではないのだが、3000円くらいだとチェーン系になってしまい、雰囲気が悪かったりうるさかったすることが多い。
さすがにそういう店だと、良い雰囲気まで持って行きづらい。女性のほうがテンション上がらないんだよね。エンジンがかからない。

だから、少し高めに5000円くらいかな。まあ、4000円くらいでもいいけどね。

やっぱり小奇麗でオシャレな雰囲気だったほうが、女性的に「今日はエッチしてもいいかな♡」って気分に上がるものだ。だからそういうところで金をケチってはならない。当然、女性のぶんもおごることになるから、合計1万くらいかかる。プラスでホテル代もかかるけども、まあこれは安いものだと考えよう。金がないなら男は稼ぐしかないよ!!

で、サシ飲みしていくと、女性がサインを出してくれる。サインには色々とあって、

・やたら酔ったアピールをする
・ボディタッチをしてくる
・終電を気にしない
・やたらと過去の恋愛遍歴を話してくる

まあ、こういったところが女性からのサインだ。
こういう女性からのサインを見逃さないようにしよう。

まあ。終電近くになっても帰るそぶりを見せなければ、これはもうOKと考えて良い。誘い方としては、色々あるけど、「今日は朝までいっしょにいたいな」というのが良い。これが一番丁度良いんだよね。

エッチしたいって言うのはあまりに露骨すぎるし、なんか遠回りに「ゆっくりしようか」「飲み直そうか」とかはちょっといやらしさが出ちゃうんだよね。
だから、朝までいっしょにというのが、女子的には一番キュンとくるセリフみたいだ。ここは女子を喜ばせるぞって感じで気持ちを込めて伝えよう。そうすればセックスできる!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>