セフレ 作り方 PCMAX

セフレと沖縄行ってきた

セフレの作り方について、もう、ズバリ断言します!

セフレ探しなら出会い系サイトがオススメ。
女子大生も人妻もOLも、看護師に保育士もなんでもイケる!

友達や先輩後輩・同僚を攻めるとか、ナンパでセフレゲットとか、
はっきり言って時間の無駄!

邪道って思われてるかもしれないけど、出会い系サイトでセフレ探しするのが最短最速ですよ!

セフレ作り方! 最短確実なPCMAX

出会い系って怪しいって思う人もいるかもしれないけど、大手の優良サイトなら安心にセフレが探せるね。

なかでも10年以上の歴史があるPCMAXは最高にオススメ。

↓↓↓
pcmax

大手の優良出会いサイトはいくつかあるんだけど、エッチな女子率が最も高いのがPCMAX。

モロにセフレ募集してる女子もいるし、まずは友達からって言ってる女子でも、なんだかんだ一緒に飲みに行けばセックスできちゃうことが多い。

PCMAX経由で出会った女子、累計で50人以上はセフレにしてきたね。

参考ページ:※18禁!PCMAXの狙い目とは?

出会い系が怪しいって思う人の多くは、出会い系の女は全員サクラって思ってるんじゃないかな。

大手サイトの場合、サクラなんか使わず、雑誌広告やビル看板広告などのプロモーションにお金をかける。

例えばPCMAXだと、新宿や渋谷の街中に行くと、PCMAXの宣伝トラックが走ってたり、ビルに大きな看板がかかってたりする。

pcmax 池袋看板

一時期、PCMAXカフェという実店舗でカフェ営業してることもあった。普通にコーヒー出したり。

あと雑誌にもたくさん広告を出してる。女性向け漫画雑誌とか、JJとかJELLYとか。PCMAXに若いギャルが多いのは、JJやJELLYに広告出稿してるからだと思う。

JJに掲載されたPCMAX

そういう女性誌からリアルに女性会員を集めてるから、サクラなんか雇う必要がない。

むしろこの状態でサクラ入れたらリアルな会員が逃げちゃうよね。何のメリットも無い。

こういう広告には年間数億円が投じられている。
これはPCMAXの経営母体に豊富な資金力があるから成せる技。みんながみんなできるわけじゃない。

おかげでPCMAXには出会いを求めた男女が多く集まっている。しかもちょっとエッチな男女だ。

裏プロフィール

PCMAXを使うとわかるけど、裏プロフィールというのがあって、そこでは色々エッチなプロフィールを設定できる。

「初体験はいつ?」

「感じやすい部位は?」

とか、モロにエロい質問に答えてくれてます。

昔、前略プロフィールってサイトあったじゃないですか?
あれのエロい版ですねw

セフレの作り方について、あれこれ考える必要無し!

PCMAX※18禁にカキコミしてる女子にメールして、
お酒飲んでごはん食べて、それからセックスするだけw

女子はプライドの塊だから、一応、食事デートしたという体裁が必要なんですな。

セフレ作り方!真剣系の出会い系サイトはセフレ作りが難しい

はてな

いまの時代、TwitterとかFacebookとかミクシィとかあるし、出会いアプリとかもいろいろあるんだけど、そういうのは真面目系な出会いがほとんど。PCMAXの場合、真面目な出会いもあるんだけど、エッチな出会いが多いのが特徴だね。

そういう事情もあって、PCMAXに登録してる女性のプロフ写真は、目とか口とか一部を隠してることが多い。

やっぱり、リアルな友達とか家族にはバレたくないから、フルに顔出ししてるケースは少ないかな。

あとは加工したプリクラ画像とか。写メコンっていうプロフ写真コンテストが盛り上がってるんだけど、すごく接写で撮ってたり、光でボカしてたりすることが多いかな。

無茶苦茶な美人のアカウントはちょっと気をつけたほうがいい。
慣れるとわかるんだけど、ネットから適当に拾ったモデル画像を使って、なりすましてる業者の場合がある。メールしていくと、

「ここより良いサイトがあるからそっちに移ろう♪」って言われて、別のサイトに誘導される。

そっちから来たスパイ業者ってことね。業者のスパイバイトの男子学生とかがやってる。

セフレ 作り方! 堂々としていれば良い

自信

出会いでも恋愛でも、女性への口説きという点でも、最も大事なことは自分に自信をもっているかどうかというところだと思っています。
真剣交際でもセフレ作りでも同じ。

ナルシスト、というとまた違ってきてしまうんですが、自分が嫌いでしょうがないとか、とにかく自分に自信がないというよりは、多少なりとも自分が好きだという人間、つまりナルシスト気味であった方が異性との付き合いは上手くいくはずです。

かといって、とにかく自分が大好きで陶酔しているような人だと女性側も引いてしまうことが多いのでそこは加減が大事になってきます。

自分に自信がない場合、とにかく消極的になりがちで、せっかく素敵な女性に出会えても「自分ではだめだ」とか「自分では釣り合わない」といったマイナス思考が邪魔をして、素敵な女性との出会いが無駄になってしまうこともあります。

余裕な紳士

余裕がないとセクシーさを感じず、セフレにはなれませんね。

異性とは上下関係はないですし、出会う瞬間から全てはフラットだということを自分で意識できるかどうかというのは重要です。

そのためには意識改革が必要な人もいるでしょう。

自分に自信を持てないということはなにかコンプレックスを抱えていることが多いと思いますが、相手の女性であっても同様ということはあります。

どんな可愛い子や美人であっても背が足りないとか、胸がないといったなにかしらコンプレックスを抱えて生きている場合もありますし、
こちら側だけが抱えているわけではないということも意識しましょう。

コンプレックスが強い場合は、自分のためにも異性との付き合いのためにも少しでも和らげたり克服して、自分に自信をつけていきましょう。
背が足りないといった現実的に改変できないことは意識の部分での改革、外見上でなにかをしていけば変えていけることであれば、勇気をだして手を出していって自分で自信がもてる姿になっていきましょう。セフレの作り方を効率的に実践するためには、メンタル面の充実が大事です。

自信を持つことが出来れば女性との出会いであったり会話においてもそれが滲み出てくるはずなので女性に与える印象も力強く、尚且つ頼れるものとなって以前よりはモテやすくなるはずですし、恋愛に発展しやすくもなったり、恋愛になっても上手くいくことが多くなるはずです。

好きな女の子をデートに誘う時や、合コンで女性と仲良くなりたいというのは、男性共通の課題ではないのでしょうか。やっぱり、楽しく女の子と過ごすことが、男性としての一番の喜びなのでうまく女性を口説けるようになりたいですよね。そして、女性を口説いたりデートに誘う時に大事なことといえば、やはり第一印象になります。彼女にするにしろ、スムーズなセフレの作り方にしろ重要なポイントが第一印象。

【セフレ 作り方】身だしなみと清潔感は大切

そういうと、おそらく人を見た目で判断するな、というお叱りの言葉を掛ける人もいるかもしれません。もちろん、私自身も人を見た目で判断してはいけないと思います。しかし、本当のことを言えば人間は本能的に、初対面の相手を一瞬で判断しているようです。

例えば、男性としても初対面の女性が不潔だったり、容姿にきをくばっていない人ならば、心の中で多少は拒否反応を抱くはずです。女性についてもそれと同じなのです。いくら人を見た目で判断しないと決めていても、初対面の印象が悪ければ自然と拒絶をしているものです。

そして、初対面の時に悪いイメージを与えてしまったら、あとから挽回をするのは難しくなります。それから、初対面をよくするために必要なことをここで言うと、たったの二つなので覚えておいてください。それは、清潔感と挨拶です。どちらも、初対面に良い印象を出すためには、欠かせないツールとなるのです。

その二つさえしっかりとしていれば、社会的な地位や顔や身長などは関係ありません。まず清潔感についていえば、最低限の身だしなみとTPOを弁えた服装です。つまり、身だしなみさえしっかりとして、場の空気を読んだ服装を心がければ、スーパーで買った安物の洋服でも大丈夫なのです。

そして、挨拶については自信をもって大きな声ですることが大事です。また、その時には笑顔も忘れないでください。これら二つのことがしっかりと行えれば、女性を口説いたりデートに誘う時の成功率が大幅にアップします。中には女性にもてるために、ブランド物の服や時計を買って自慢をする人もいますが、そういうお金と手間をかけるならば、これら二つのことに集中して力を入れたほうが良いです。効率的なセフレの作り方のためにも爽やかさ、明るさは重要。

私は半年前にある男性を友達に紹介されました。その男性と気が合ったため二人で会うことになりました。二人で会おうと誘ってくれたのは男性の方だったので私としては「もしかしたら、付き合ったりできるかも。」と期待をしていました。男性が誘ってくれたので食事に行くことになり私はとても楽しみにしていました。食事自体はとても楽しく過ごすことができましたが、特に何もなく帰ってきました。

私としてはこんないい感じだし「もしかしたら今日こくはくされちゃうかも。」と思っていたので少し落胆しました。私の友達にも「今日は特に何もなくて食事だけして帰ってきたよ。」と連絡すると「え?そうなの?まあ、一回目だしね。」と言われ思い直しました。それからも男性の方から食事に誘われたり、スポーツ観戦に誘われたりしました。

その度に私は「今日こそは告白されるかも。」と期待をしていましたが、全くそういうこともなくいつも帰ってきていました。段々、期待をしている自分が虚しくなってきて「私って魅力がないかも。」と思い始めました。自分から告白するということも考えましたが、自信喪失している状態で告白する自信がありませんでした。

そして、自信を喪失したまま男性に会うことが怖くなってきて会う間隔が広がっていきました。前ならメールがきたらすぐに返信をしていましたが、返信も時間を置くようになっていました。また、メールをしても予定がまだわからないからまたメールします。」と言って時間を置くようになってきたのです。しかし、私が時間をおくようになると男性の方がよく連絡をしてくるようになりました。私が逃げているように見えたのかどんどん追いかけてくるようになったのです。私は男性にとても申し訳ないことをしたのですが、返信をしないようになっていました。

そのため男性が私の友達に相談したようで、友人から連絡がありました。私はその時にはもう付き合うつもりがなかったので友達にはありのままを話ししました。友達は「あ〜、なんだかタイミングが合わなかった感じだね。私から話ししておく。」と言ってくれたので甘えることにしました。その後友達からまた連絡が来て「男性としては告白するタイミングを悩んでいたよ。」と言っていました。私としては本当にタイミングが悪かったとしか言えませんでした。男性はできるだけ早く告白をした方がいいと思います。勢いって本当に大事です。ちゃんとした交際じゃなく、セフレでもそうですね。

セフレ作り方 焦って一方的にしゃべりすぎるのはNG

まず恋愛を始めるには相手と話すことから始めるのが大事ですが初めから焦ってがつがつ話しかけるとただひかれてしまい話す事さえできなくなってしまい本末転倒でダメです。なので、本命の方を見つけたら挨拶をする程度の関係から始めましょうすると時間がたてば自然と話す関係になっています。その偶然見かけて話しかけたときに、お互いの事をある程度話しましょうそうして相手の警戒心を解いていくのが大切です。

やっぱり異性って知らない人と関わるときを怖いと感じる人も多いようなのでなるべくお互いのことは知っておいた方がいいです。短い時間を利用してお互いをある程度知ることが出来たら、自然と連絡先を聴きましょうすると向こうも警戒することなく教えてくれると思います。そこからはメッセージのやり取りを週一くらいのペースでやってみるといいです。あまりがつがつ攻めるような内容はやめましょう。なんで返事くれないのとか待たずにせっかちになるのもダメです。彼女の好きな食べ物の話題なんかをしてそこから食事の約束なりしてみるのがいいです。セフレになるにしても、まずは食べ物の話題などで距離を詰める。これが効果的なセフレの作り方ですね。

いきなり遊ぼうだとか会おうなんて感覚では少しひかれてしまうかもなのでそのような軽い付き合いから始めていきましょう。そうして慣れていったら遊びなんかに誘ってみるのもいいかもしれません。そうし回数を重ねていくうちに向こうもこっちの気持ちに気付くようになりますし、嫌悪感はもたないはずです。遊ぶ時も明らかにデートスポットのようなあからさまな内容はやめて軽く映画を行くなんかでもいいと思います。

そうして時期がたったあたりにどこかで呼び出して告白の準備をすると向こうも来てくれないなんてことはないです。ラインなどのメッセージでっもいいのですがそれだとメッセージというか文章なのでいたずらと思われてしまったり断られやすいのでだめです。なので面と向かって男としてはっきりと相手に聞こえる声で言うと恋は実るかもしれません。少し順序は必要ですがいきなり告白するより断然成功するのでやってみてください。

20代女性です、先日友人から紹介された男性と会ってきましたが、何だかとっても疲れる相手でした。
紹介してもらったのは30代後半のAさんという男性で、身長は180㎝ありスタイルもいいのですが、服装がおかしいのです。
その日は少し肌寒い日で、私も街中の人も長袖を着ていました。
しかしAさんはアロハシャツにサングラスをかけ、短パンにビーサンで登場したのです。
私が「半袖で寒くないんですか?」と聞くと「平気平気、俺って夏男だからさ」と言っていましたが、ものの5分で「寒い、やばい寒い」と震えていました。
取りあえず外は寒いからと食事へ行きましたが、その間ずっと「寒い」しか言わなくて不機嫌になっていました。

食事はAさんが予約をしてくれたお店へ行く事になったのですが、場所を覚えていないらしく何と1時間以上も迷子になったのです。
やっとお店が今居る場所から電車で30分以上もかかる所だと判り、急いで行きましたがもうクタクタでした。
お店へついてからはAさんがやたらと若者言葉を使い、大声で食べながら話すのでとても恥ずかしかったです。
ただでさえ目立つような季節外れな恰好をしているんだから、食事マナー位は守ってほしいと思いました。彼氏だってパパだってセフレだってマナーや礼儀はちゃんとしてほしいよ。

食事の後はカラオケへ行く事になっていましたが、Aさんが急に「俺の家行かない?」「ちょっと疲れたし家行こうよ」と言ってきました。
気分が悪いのでもう帰りますと言うと、舌打ちをして「もういいよ」とそのまま帰ってしまったのです。

幾ら友人の紹介と言っても、あそこまで常識のない人とはさすがに付き合えないと思いました。
服装はどんな物でもその人に似合ってればいいと思いますが、せめて季節感は守ってほしいです。
デートなのにアロハもサングラスもビーサンも無いな、と思いました。
それに自分でした事なのに機嫌が悪くなり、舌打ちするのは一緒に居て嫌な気分になってしまいます。
食事も大きな声で話さない、口に食べ物が入っている時に喋らないという事は常識だと思います。
何より会ってすぐなのに家に連れ込もうとするのは強引過ぎて嫌でした。

年上の人ならば尚更、余裕を持った大人な男性としてスマートにしてほしいです。
例えばスーツまではいかなくても清潔なシャツ、チノパンでブーツか革靴がいいですね。
そして話し言葉も無理に若者に合わせようとせず、嫌味ではない知的な雰囲気がとても素敵だと思います。
家も、最初は誘わず3~4回目で誘ってくれたなら行っていたと思います。

女性を口説きたいアナタへ。必ず守って欲しいこと9つ。セフレ探しする上でも大事です。
1、昔話はほどほどにしましょう。「昔はこんな悪いことしてさ!」というアナタにとっての武勇伝は女性にとっておもしろくもなんともありません。たとえ相手が年上女性でも「あらかわいいわ!」とはならないので、注意してください。
2、持ち物の自慢話はやめましょう。「このブランド財布高かったんだよね。」と言っても経済力アピールにはなりません。それより何も言わずにさらっとブランド財布からタクシー代を出しましょう。見せ方も大切です。
3、姿勢をよくしましょう。背の小さい方にはもうしわけないのですが、やはり背は高い方が数倍かっこよく見えます。女性は見上げたい人が多いです。背はかえられないので、できる限り姿勢を良くしてスラリとみせましょう。
4、絵文字・スタンプは控えめにしましょう。女性っぽい行動に女性は喜びません。むしろわからないくらいの方が、女性の、「教えてあげたい欲求をかきたててくれます。
5、念入りに歯をみがきましょう。タバコを吸う人はとくに注意が必要です。タバコのにおいで本人は全く気づいてなくても、まわりは「うっ」となります。そこから恋愛には繋がりません。
6、パンパンの布は整理しましょう。パンパンの財布を持つ人は部屋も机の上も汚い場合が多いです。シンプルに必要ものをしっかりと管理ましょう。
7、女の人の話をじっくりきいて、きちんと相づちをうちましょう。女性はみなおしゃべりです。男性にとってどうでもいい話でも「いつもしっかり聞いてるよ」という姿勢を見せてください。
8、ニュースを見てください。スマホで興味のあるものだけ読むのではなく、社会全体の動きをとらえるためにひととおり目を通しておくことは大切なことです。
9、バックをもってあげましょう。女性は買い物が大好きです。両手でしっかり確認して買いたいので、
もってもらえたら本当に嬉しいです。

以上9つをしっかり頭に入れておきましょう!以上、実践しやすいセフレの作り方でした。

セフレの作り方がわからないなら、最低限の好感をもたれる外見を作る

《好感を持たれる外見を作るには?!》
人を判断するのは見かけではなく中身だ!なんて良く言いますが、それは表向きな話で、やっぱり人は見かけが大切です。
セフレだってそう。

男性にしても女性にしても、まずは顔や体型を見て、その人と親しくなりたいという気持ちになります。
だからと言って、みんながキムタクや福山雅治のような二枚目で生まれてくるわけではありません!

もともと容姿に恵まれていれば良いですが、基本的にはそうではない人が大半なのですから。
そんな事言ったら、もうどうしようもないよ~!と世の男性は思うかもしれませんが、日頃のちょっとした努力で女性から好感を持たれる方法はたくさんあります。

まず体型から考えると、男性は頑張って筋肉をつければ、それだけでもセフレ女性は魅力を感じます。
シャツをまくった時に見える筋張った腕や、逆三角形の背中などは、男性ならではのセクシーポイントです。
これは日々の運動や筋トレを心掛けることで、自分を変えられます。

身長の高い低いは、それほど問題ではありません。
なのでまずは、デブデブなお腹だったり、猫背などの姿勢に気をつけて、堂々とした印象を与えましょう。
そして次に顔立ちですが、これは整形でもしない限り変えられませんね。

しかし、これも良い印象を与えられるかどうかで、セフレ女性の受け止め方が違います。
まず大切なのは清潔感で、肌が汚かったり、ヒゲがだらしなく見えると、それだけで敬遠しがちになるものです。
顔のパックまでは勧めませんが、髪の毛も含めた身だしなみは、きちんと整えましょう。

そして次に気をつけるのが表情のメリハリです。
ボケ~と口を開けっ放しにしてたり、目が泳いで挙動不審になってはいませんか?
女性と話をする時は、なるべく優しい表情で話しかけるようにしたり、逆に仕事の時はキリッとした表情をするなど、意識して使い分けてみて下さい。
顔立ちではなく、その表情のメリハリがセフレ男性としてカッコイイ魅力になるのです。

そう、結局イイ男は努力で作られるのです!
性格の良さや、男らしさが顔に出ますから、努力できることから日々実践してみましょう。

セフレの作り方を学ぶのも大事だが、女性に対する対応のマメさも重要

恋愛について消極的な男性がいます。そういうとき、セフレに対する対応も雑です。

女性としてはとてもいらいらすることがありますね。
付き合うことを、辛い、やめようかなと思う事があるんです。

そんな内容について、まとめてみました。セフレの作り方を知る前に、女性への態度やマナーを身につけるのも大切なので。

セフレから来た前日のラインを翌日に返信する

前日に送信したラインやメールについては、その日に返信をして貰いたいものです。
しかし、恋愛に奥手の男性の場合は、その日に返信がくることが少ないのです。

そんな時、イラっとしてしまいます。
一日は24時間あるのに、その一分もできないのかと思ってしまうのです。

セフレに重きをおいていない、自分に関心が少ないからそのような態度を取るのだと、感じます。
そのときは、本当にがっかりですね。

セフレからのラインの返事が早すぎる

早すぎるということも、少しびっくりしてしまいます。
「待ってました!」と言う感じで、返信をされてしまうと、嬉しい反面この状態がずっと続くのかと、不安になることもあります。

ラインの返信をするとき、そのタイミングも図ることが大事ですね。
早ければ、いいと言う感じではありません。

早いと、少しモテないのかなと、不安になります。
そんなにセフレに必死なのかな?と思ってしまいます。

セフレと喋らない

セフレとして付き合っているのに、あまり喋らないと、本当に疲れます。
女性としては、やっぱりある程度、リードをして話して欲しいと思うのです。いくらセックスメインの関係だと言えね。

口下手ということはわかりますが、セフレとして付き合っているうちに、つまらないと感じるのです。
一緒にいて楽しいと思えるのは、やっぱりしゃべっている時なんです。
そのことをわかって欲しいですね。

セフレと連絡を取りたがらない

連絡を男性からして欲しいと思うのに、しないことにいらいらします。
どうしていつも、こっちからなの?と思うのです。

セフレ女への対応が適当になりがちなのもわかりますが、やっぱり女としては、丁寧に扱われたいですよ。お姫様扱いとまでは行かなくてもね、大切にしてもらいたいんです。

損な時には、やっぱり自分にそんなに関心がないんだと落ち込みます。

連絡というのは、自分からとるものではないと思っているのでしょうか。
理解できないことがあり、そんな時に切れそうになります。

積極的に男性から口説かれて、その日のうちにセックスしてセフレになるのもアリ?

好きな男性じゃなくても、口説かれたり、恋愛感情を寄せられて嫌な思いになる女性はなかなかいないはず。

付き合う、付き合わないは別として、おや?この人私に気があるのかな?と感じる相手のことは自然と意識してしまうものです。

積極的にアプローチされて、結果、ワンナイトラブになったり、セフレ関係に発展するのもアリっちゃアリですから。

生理的に嫌な男性とはセフレになれない

でも、そういうのが絶対に無理な男性も存在します。

女性はすぐに「生理的に無理」という感覚を持ってしまうものですが、それは何も顔が嫌!体型が気持ち悪い!といった見かけの話ではないことが多いのではないですね。

きちんと向き合って話をしたり、一緒にご飯を食べたりした上で、なんかこの人、生理的に嫌…と感じてしまう男性が少なからずいます。そういう人とはセフレになれませんね。

生理的にNGな男性の共通点は上から目線の態度

私の個人的な感覚ではありますが、そういう男性に共通するのは「俺はお前のこと誰よりも知ってるよ、解ってあげているよ」といった上から目線の勘違いをしてしまっていることにあるような気がします。

歳上の男性に魅力を感じる女性は確かに多いし、落ち込んでいる時や悩みを抱えている時に側にいて、気持ちに寄り添ってくれたり相談に乗ってくれる男性に惹かれてしまう、気づいたらエッチしちゃったというのは確かにその通りだと思うのですが、それはその女性のことを本当にきちんと理解していたり、そもそも男女の関係を超えた信頼関係があってこそ!

セフレの作り方を教えてもらう前に、人との接し方を改めたほうがよい男性がたくさんいますから。

まだお互いのことをよく知りもしない、一度一緒に食事をした、しかもこちらは別に今のところ魅力を感じてない男性に「君はこう考えたんだろうけど、こうすべきだった」とか「悩みがあるならいつでも俺に相談して」とか、ましてや「君はそういうところがあるから」なんて言われたら。

「あなたが私を何を知ってるんだ?」と相談に乗ってもらって嬉しいどころか不信感すら湧いてしまいます。

自分を頼ってほしいという気持ちから、悩みを相談してほしいという気持ちは分からなくもないですが、どう考えても、普通一度食事をしただけの男性より他に相談したい相手はいるでしょうし、自分と相手の関係性を冷静に客観視できていれば、このような勘違い発言はでてこないはず。

セフレにしたい、口説きたい女性がいる男性には、ぜひ無理に歳上の余裕を見せつけようとしたり、自己満足の優しさに酔うこと無く、相手の今の気持ちを冷静に捉えた距離の詰め方を心がけてほしいものです。

おすすめのセフレの作り方・出会い方

セックスしたい時に会って、友達関係を維持しつつもお互いの性欲を満たすことが出来るセフレ。

女性と恋人関係になることによって生じる束縛や面倒ごとが苦手な多くの男性にとっては理想的な関係と言えるかもしれません。

一方健全で一途な恋愛を美徳とする多くの女性からはそのような関係は否定され、嫌われることが多くありました。

しかし近年では、女性の肉食化によってそういったお手軽な関係性に対する需要も確実に増えつつあります。

セフレに肯定的な女性は今ではさほど珍しくないのです。

従って、現在ではセフレという男女の関係性は男女ともに需要があり、以前より確実にセフレは作りやすいものとなっております。

また、セフレをつくることによって生じるメリットも大きいです。

金をかけずに性欲処理することが出来るのは勿論、様々な女性と関係を築き、経験値を得ることで、女性の気持ちや扱い方がわかるようになります。

女性の気持ちがわかり、スマートに対応できる男性はモテますから、セフレをつくることで自分を磨いてモテ男になることも可能なのです。

一度関係を築いてしまえばいいこと尽くめのセフレですが、中々相手を見つけるのは骨が折れます。

需要が増えてきたとはいえ、堂々と「セフレが欲しい!」なんて言える女性はまずいませんから。

今回は「性欲を持て余してどうにかなりそう…」という変態の同胞たちに向けて、セフレとの出会い方についてお伝えしようと思います。

出会い系サイトを使ってセフレを作る方法

セフレをつくる為には、出会い系サイトを利用するのが最もオススメする手段です。

出会い系サイトと聞くと身構えてしまう方も多くいると思いますが、有名どころの大手サイトや、facebookと連携した出会い系アプリであれば全く問題なく利用することが出来ます。

筆者も主に出会い系サイトやアプリでセフレを作っています。

出会い系サイトやアプリを一番にオススメする理由は大きく2つあります。

共通の知り合いがいないから

男女ともに需要があるからと言って、セフレがいるという事を公にするのはまず控えた方がいいでしょう。

セフレという関係性は周囲からは「軽い人」、「遊び人」というネガティブな印象をもたれることが多いです。

同じ学校やサークル、会社などでセフレをつくってしまうと、意図せず友達や同僚にその関係性を感づかれてしまうリスクがあります。

一方出会い系サイトでの出会いであれば、お互いに共通の知り合いはいないわけですから、その関係性を誰かに知られる心配もありません。

アプローチに失敗しても誰にもバレませんから積極的になることもできます。

セフレになりやすい女性が多いから

出会い系サイトに登録している女性は、彼女、セフレ、友達、どんな関係であろうが、少なくとも男性との出会いを求めている女性です。

そしてこちらの写真とプロフィールを確認した上で会ってくれるのですから、デートのお誘いに応じてもらえた時点である程度脈はあるという事になります。

別人のような盛り写メを載せていた場合は別ですが、この段階で見た目での条件はある程度クリアしているといってもいいので、セフレにできる確率少なくはありません。

一方リアルでは気に入った子がいても出会いを求めていなかったり、既に彼氏がいるというパターンが多くあります。

出会いを求める女性しかいないというのが出会い系を使う大きなメリットです。

経験上、出会い系を使う女性は寂しがりで、常にだれかと接点を持っていたいという方が多いです。

こういう女性は割とセフレにしやすい傾向があります。

筆者も出会った当日に自宅に連れて行ってもらい、セフレになったこともあります。

出会い系では、昼間の時間帯は人妻や熟女、夕方以降は女子大生や仕事終わりのOLのアクセスが多くなります。

セフレにしたい女性の属性や年齢層によって自分もアクセス時間を合わせたり、チャットしたりするのも有効なテクニックです。

ナンパしてセフレを作る方法

出会い系に比べると難易度は高いですが、ナンパもセフレをつくる為には有効な手段です。

しかしナンパには出会い系にないメリットがあります。

相手の顔を実際に見てから声をかけることが出来るという点です。

出会い系では相手の女性のプロフィール写真を確認することはできますが、プロフィール写真は程度の差はあるにせよ大抵盛られています。

写真通りの美人を期待して実際に会ってみたらバケモノだった…。

なんてことも稀にあります。

一方ナンパであれば道行く女性を実際に目で確認して、厳選した上で声をかけることが出来ます。

ナンパスポット 銀座コリドー街やクラブがおすすめ

しかしナンパは出会い系と違って成功率が低いので、しっかりと場所、いわゆる「ナンパスポット」を選んで臨む事が重要です。

ナンパスポットの代表例としては銀座のコリドー街が最も代表的なモノとして挙げられますが、こういった場所はナンパされやすい場所として女性にも広く認知されている為、ナンパ待ちの女性が多くおり、ナンパの成功率は他の場所に比べて高くなります。

ナンパ待ちの女性は貞操観念も低い傾向があり、ワンナイトを求めていることも多いので、その日の内に持ち帰りできるケースも多いです。

またクラブでのナンパもオススメです。

クラブにもナンパ待ちの女性は沢山集まりますし、既にお酒を飲んでいる女性に声をかけることが出来るので、成功率も上がります。

女性も「酒の勢いでつい…。」という言い訳ができるのです。

女性に紹介してもらってセフレを作る方法

上記の二つに比べると非常に難しい方法ですが、女性の知り合いに紹介してもらうことも場合によっては可能です。

女性にとってもセフレという関係は一定の需要があります。

男性の前では清純を装っていても、女子会などでセフレが欲しいという事を打ち明けている人もいます。

ですから、女性の友達にそういったセフレ予備軍を探してもらうことも有効なのです。

できるだけ関係の薄い、若しくは評判が悪くなってもかまわない様な女性の知り合いに相談するようにしましょう。

上述したようにサークルや会社のような関係性の強い女性に相談すると、セフレを求めていることが周囲にばれてしまい、自らの評判を落とすことになりかねないからです。

セフレが欲しいと相談する時はなるべく真剣に伝えましょう。

セックスだけでなくまずはデートから初めて気が合えば…という提案をして探してもらうのが良いでしょう。

セフレと言っても食事やデートも楽しみたいという女性が多いですし、誠実な印象を与えることもできます。

いかがでしょうか。

セフレを探すための方法を紹介しましたが、やはりリスクの少なさと成功率の高さから、出会い系サイトやアプリを利用するのが一番のオススメです。

出会い系をメインツールとして、補助的にナンパや、女性の知り合いに仲介してもらうなどの手段をとるのが効率的と言えそうです。

アニメ鑑賞やコスプレなど趣味のイベントに参加するセフレの作り方

社会人になると、職業によっては若い異性と交流する機会に恵まれず、なかなかセフレを作るチャンスが訪れないという悩みを抱える方が現れます。

そうした場合、仕事関係で出会いを待っていてもよい結果は訪れません。

自分からセフレ候補との出会いのある場所に出向いていくしか活路を見いだす方法はありません。

では、具体的にはどのように動くべきなのか。

それは趣味を充実させることです。

趣味を通じて人脈を広げていくうちに、出会いのチャンスが訪れるようになります。

また、趣味が共通の相手となら初対面でも会話に困ることはありませんし、趣味にかこつけてデートに誘い出すこともできます。

このように、趣味は社会人にとって出会いの機会をもたらしてくれる最高のツールです。

ただし、趣味を充実させるにしても一人で完結してしまうものはダメですよ。

人との交流が生まれるものでなければいけません。

例えば、アニメ鑑賞は立派な趣味ですか、それだけでは出会いに繋がりません。

アニメを見るだけでなく、アニメ好きが集まる場に出掛けたり、コスプレイベントに参加することで、出会いは生まれるのです。

友達に紹介された男性が彼氏になったが、その後でセフレ化というセフレの作り方

友達に紹介してもらい、男性に会うことになりました。

私としては、とくに彼氏が欲しいということも無く、ただただ会ってみるだけという感じだったのですが、相手の人が私の事を気に入ってくれたみたいで、それからメールのやり取りが始まりました。

そして、1ヶ月ほどメールを続けてそれから、2人で食事に行ったりするようになりました。

友達に紹介をしてもらっての出会いというのが初めてだったのですが、共通の友達が居るというのはとても安心感があって良いものだなと思いました。

友達からも、紹介してくれた男性は、とても性格が良くて優しい人だと言われていたので、実際に出会ってやり取りをしていく中で、その人が本当に良い人だなと思うようになり、惹かれて行きました。

彼氏が欲しかったわけではありませんが、いい出会いがありそのままお付き合いをし始めることになりました。

ですがそれから半年で別れてしまいました。その後も体の関係だけはズルズルと続き、今は気心しれたセフレ関係に変化しました。こういうセフレの作り方も変則的ですが存在します。

ネット上で知り合った人と実際に会ってみるセフレの作り方 リアルのほうが互いに好印象

ネット上で知り合った人と、実際に会ってみることになりました。

私自身、ネット上で知り合った人とは、実際に会うことは一生無いと思っていて、自分が通常は言えないような悩みを相手の人に打ち明けたりしていました。

ですが、相手の人から、実際に会ってみないかと連絡を受け、迷ったのですが私自身相手の人に興味があって、会ってみることにしました。

私のイメージとしては、ネット上では印象が良くても、実際に会うとそのイメージが崩れてしまうというのがあったので、一度実際に会うことになっても、きっとそれっきりになるだろうなと思っていました。

ですが、実際に会った人は、とても素敵な人で、メールをしているよりもさらに私はその人を好きになってしまいました。
一度きりで、会うのは終わりだろうと思っていたのですが、結局その会ったことをきっかけに、月に一度は会うようになり、さらに、半年後にはセフレになりました。

このようなセフレの作り方があるなんて自分で思っていなくてとても驚いています。

婚活アプリでの意外なセフレの作り方

よく、「社会人になると出会いがない」と言いますよね。

学生のときに付き合っていた人と別れると、次の恋人がなかなかできないことがあると思います。

実際、身の回りでも学生からのお付き合いですんなり結婚した人と、なかなか恋人ができず結婚が遅くなった人の両極端です。

私自身も完全に後者でした。恋人はおろかセフレもいなくて、寂しい独身生活を過ごしていました。

学生時代にできた恋人と別れてからまったく出会いがなく、次の恋人ができるまで3年きりました。

積極的に出会いを求めていたわけではないので当然ではあるのですが、「恋人が欲しい」と思ってからお付き合いするまでには時間がかかりました。

30歳近くになると、職場でも友人関係でも既婚者が増えて、子供を持つ人も多くなります。

なので、そこからの出会いはあまり期待できません。

最終的に、婚活アプリでの出会いを求めました。

ネットでの出会いはいろんな人がいるので、なかなかこれだ!という人が見つけられずけっこう難しかったです。

いいなと思う人がいても、実際にメールなどでやりとりするとしっくりこなかったりもします。

何人かとやりとりするうちに自分に合った人と出会えたので、婚活アプリの利用は正解でした。

恋人を作るまでには時間がかかったのですが、いわゆるワンナイトラブを楽しむようなセフレは簡単に作れました。

男女ともに実は性欲が旺盛なので、婚活アプリだとしても、一対一のメッセージだったりLINEやカカオトークに移行してからは、エッチな内容を送信してくる人が結構います。

婚活アプリは本来セフレを作る場所ではないのですが、相手は生身の人間ですから、そういった欲求が潜在的に存在しているということです。

諦めずに、受け身ではなく自分から積極的に出会いを探していくのが大事だと思います。

街コンでのセフレの作り方は難易度が高く、鋼メンタルが必要なハードモードゲーム

学生の頃は学校やアルバイトなど様々な場で出会いがあったものですが、大人になるとその出会いが一気になくなってしまうものですね。大人になってから出会いを求めたいと思ったとき、何をしたら良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。

新たな出会いを求めるには友人に紹介してもらったり街コンのようなイベントに出向いたりと様々な方法があります。最近ではマッチングアプリを活用することで、どこでも手軽にセフレを探せるようになりました。

それらに共通しているのが、出会いを求めるのであれば自分から行動を起こす必要があるという点です。友人に紹介してもらうのであれば紹介してほしいとお願いする必要がありますし、街コンなどは申込みをしてその場に足を運ぶ必要があります。

街コンでのセフレの作り方もありますが、難易度は高く、当たって砕けろの鋼メンタルが必要です。

マッチングアプリも登録してプロフィールを充実させることが大切になるなど、大人の出会いは自分から積極的に動くことが重要なのです。勿論出会いのために行動をするのではなく、新たな趣味を始めてみるといった行動も共通の趣味を持った人と出会える可能性が高まるため有効です。

自分に合った方法で積極的に動き、新たな出会いを求めたいものですね。

職場の先輩女性を誘うセフレの作り方

以前いた職場での出来事です。私は新人として初出勤をした時にとても緊張しながら職場の人に挨拶しました。

てきぱきと仕事をこないしている先輩女性がいて、彼女の仕事を観察していました。仕事初日、私はハンコを机の下に落としてしまい拾おうと机の下に入り込み、立ち上がった時に思わず机に頭をぶつけました。あまりにも机が揺れたので、その彼女が爆笑しながら心配してくれました。

それがきっかけで、緊張の糸がほぐれ会話をするようになりました。彼女は私より一つ年下ですが、趣味が旅行だったので、とても意気投合しました。

仕事を初めて間もないのに、すぐに国内旅行に一緒に行きました。正式交際はスタートしておりませんでしたが、気づいたらセックスしてしまうセフレ関係でした。職場の先輩を誘うセフレの作り方を実現したのです。

仕事の休みが一緒なので、数えきれないぐらい一緒に旅行しました。海外旅行にも一緒に行くような仲だったので、職場では私の「相方」と、お互いに呼ばれる存在で有名でした。実はセフレだったのですが。

あの時、机に頭をぶつけた事がきっかけで喋るようになりましたが、今思い出しても「凄く痛かった出会いだったよね」とお互い思い出しては笑っています。次は、どこに旅行に行こうか又計画中です。とても大切な私のセフレです。

SNSでセフレを作る人間は軽いという古い価値観

「出会い」と聞いてまず最初に思い浮かべるのはやはり男女の出会いということになると思います。

今はSNS等の大変便利なツールが揃っていて、セフレや恋人と出会うという事に関して大変ハードルが低くなったなと感じます。
意中の相手の家に電話をかけて家族の方が出たらどうしよう等というドキドキは今の時代にはなくなってしまった感覚なのでしょうね。

そのせいなのでしょうか、若者の恋愛というのがとても軽い感覚で行われているように感じてしまうのです。
出会いが見つけにくかった時代を生きてきた身からすると「もったいない」という気持ちになってしまいます。

あなたが簡単に諦めたその出会いはあなたにとって生涯最高の出会いかも知れないのに・・・って思ってしまいます。
まさに余計なおせっかいなのですが、心配になってしまいます。私のような人間にとっては、セフレを作る人間は軽いと感じてしまう部分があります。

心配・・・もしかしたら羨んでいるだけかもしれませんね。
でも、出会いが沢山あったとしてもあなたにとって「最高」の出会いは一度しか訪れません。
一つ一つの出会いを大事に、慎重に扱ってみてはいかがでしょうか?